《お参りに来られるみなさまへ》
コロナ禍におけるお盆参りについてのお願い

令和3年8月1日

 昨年からのコロナ禍は未だに終息の兆しが見られません。そのため本年もお盆行事を行う上で相応の対策を講じさせていただきます。
 檀信徒のみなさま方におかれましては、ご不自由・ご迷惑をおかけするかと存じますが、お参りされるみなさま方の健康と安全を守る上でどうしても必要な措置ですのでご理解・ご協力を謹んでお願い申し上げます。

1、お墓掃除・お墓飾りは事前にお済ませください。

 お盆初日の8月13日はご先祖さまの精霊をお迎えするため、多くの人がお墓参りに来られます。例年、庄瀬から遠くにお住いの人ほど朝の早い時間帯から、地元の方は夕方に大勢来られる傾向が見られます。
 昨年の様子では、三密対策の影響で参詣者の来られる時間帯が例年と比べると分散化ならびに前倒しの傾向がありました。
そのため、コロナ禍以前の様に13日当日にお墓掃除・お墓飾りをされますと、時間帯関係なくお墓での密状態が発生する確率が高くなってしまいます。
 お盆前の天候状態によっては更に混雑してしまう場合もありますので、みなさまがより安心・安全な状態でお墓参りしていただけるようお墓掃除・お墓飾り等、事前にできることは13日以前に行ってください。

※感染予防のため、掃除用具貸出しを制限させていただきます。ご利用される方はお寺までお申し出ください。
※遠方の方・ご多用で時間の都合がつかない方は、清掃代行業者のサービスもございますのでご利用ください。
(詳しくは本楽寺へお問い合わせください)

2、お墓参りは少人数・短時間でお願い致します。

 本来ならばご家族一同でのお参りは大歓迎なのですが、感染予防の理由からご家族・ご親戚で代表を決める等、お参りは少人数(2~3人程度)でお願い申し上げます。
 また、お参りの際はマスクの着用・ソーシャルディスタンスの確保等の感染予防対策と、できるだけ滞在時間をかけないようご協力をお願い申し上げます。

3、新潟県外からのご参詣はご遠慮ください。

 長い自粛期間を経て、せめてお盆くらいはと帰省される方もいらっしゃるかと存じます。しかしながら、地域ごとのワクチン接種の進行状況の違いと、今現在の、過去最悪の深刻な感染拡大の状況を考えますと、安心・安全の確保の理由から地元住民と県外からの来訪者が接触する機会はどうしても回避する方が賢明です。
不要なトラブルの回避と注意喚起のため、不本意なお願いですが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

4、ご自宅での棚経(お盆のお経廻り)に不安がある方は遠慮なくお申し付けください。

 毎年棚経に寄せていただいている方の中で、感染リスクの不安がある方は遠慮なくお申し付けください。
 8月14~16日午前中の限られた日数で、僧侶・親戚等のお参りの方が、たくさんのお宅を訪問するため、それなりに人流が活発になります。
 それに加えて、暑さの影響で僧侶側の日中のマスク着用等の感染予防策が不十分になる場合も考えられます。
 様々なことを考えて不安な方は、今年はお休み・墓経やお盆前に伺う等の代替の対応をとらせていただきますので遠慮なくお申し付けください。
 また、お経に伺った際は密な接触回避のため、読経後のお茶等のお気遣いはお構いの無いようお願い申し上げます。
 各地域で感染状況が深刻化した場合は、棚経中止の対応をとらせていただく場合がございますのでご了承の程をよろしくお願い申し上げます。

5、お盆中に感染した疑いがある場合は速やかにお申し出ください。

 これまでの期間に加えて変異株の発生により、十分な予防対策をしていても誰が感染してもおかしくない状況になっているものと思われます。
 本楽寺ではできる限りの対応策を講じ、檀信徒のみなさま方のご理解・ご協力をお願いしてお盆行事を行いますが、万一、感染が発覚してお盆期間中に感染した疑いが生じた場合は専門機関の指導の下、事後の感染抑制・対処が必要となりますのでどうか速やかにお申し出ください。
 感染された方の個人情報は厳守致します。また、その際は不用意な誹謗中傷がないようご理解・ご協力をお願い申し上げます。

★誰もが皆、安心・安全な状態でお参りができるよう、お互いさまの気持ちでお盆をお迎えください。
 ご理解・ご協力をよろしくお願い申し上げます。